女性はセックスでイクのが早い男性に不満!?5つの対処法


女性はセックスでイクのが早い男性に不満!?5つの対処法

女性の中には彼氏がいくのが早いと、だんだんストレスが溜まってくるそうです。「男はすぐにイケるから満足してるかもしれないけど、こっちは全然満足してない!」セックスが早いと不満を抱く女性は少なくないそうです。

女性のストレスが溜まって「もうこいつとはセックスしたくない!」と愛想をつかされる前に対処法をいくつかご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

1.挿入前に一回イク

彼氏が早いと女性は満足する前に行為が終わってしまうから物足りなく感じます。いつも物足りないまま終わってしまうと、物足りない感が「もうしたくない」に変わってしまうかもしれません。

そこで挿入する前に一度イッテしまうことをおススメです。先に1回イッテしまうと2回目はイキにくくなります。ただし、これは若くて性欲の強い男性にだけおススメします。ある程度の年齢に達してしまうと1回イッたあとに復活できなくなってしまいます。

1回イッたあとの注意点ですが、女性が妊娠を望まない場合はコンドームをつけてあげましょう。1回射精すると尿道に精液が残っています。その状態でセックスしてしまうと膣内に我慢汁と一緒に精液が入ってしまいます。

2.普段からオナニーする

イクのが早い原因は刺激に慣れていないからです。オナニーを普段からしてる人の中には膣内の刺激だけではいけないこともあるそうです。
膣内の刺激だけでいけない状態を男性膣不感症と呼ばれていますが、しばらくオナニーを控えると症状はなくなるそうです。

オナニーで早漏改善するときの効果的な方法としては、オナホなどのアダルトグッズを使用することです。アダルトグッズの中には女性器に似せて作っているものもあるので手でペニスを強く握りすぎたりして男性膣不感症になる可能性も低いです。しかもオナホが膣の形状に似せて作ってあるので本番にも強くなるかもしれません。

3.ピストン運動をやめて腰のグラインドに切り替える

ピストン運動はイクための行為です。挿入してからずっとピストン運動を続けているとすぐにイッてしまうのは当然のことです。
男性からすると挿入してからがセックスと考える方もいるかもしれませんが、女性からすると挿入する前もセックスですし、ピストン運動してるときもセックスです。あまりピストン運動することにこだわらずもっと時間をかけて女性を愛してあげましょう。

挿入してずっとピストン運動をするとすぐに達してしまうので、もうすぐでイキそうだなというときは腰を回すようにグラインドしてみてください。こうすると性的な刺激が少なくなり、射精をコントロールしやすくなります。

グラインドも慣れないと維持が難しいですし、かと言って止まってしまうと女性も興奮が冷めるかもしれません。そういうときは騎上位に体位を変えて女性に主導権を任せるのもおすすめです。騎上位だと女性が主導権が握っているので精神的にも興奮状態を維持しやすいでしょう。

4.定期的に体位を変える

体位を頻繁に変えることで射精しにくい状態になります。1つの体位で無言で腰を振り続けているとその感度を楽しむことに集中してしまい、すぐに「気持ちいい」が「イってしまう」になります。

途中で体位を変えたりセックス時にまったく関係ない話をすることで集中力がそがれてイキにくい状態を維持できます。

5.分厚いコンドームを使う

コンドームというと薄さ0.1mm以下!などいかに薄くしてコンドームを装着してない状態に近づけるかというのが今の主流だと思います。実際妊娠防止の役割だけでなく、感度アップのために工夫が凝らされた商品がたくさん出回っています。しかしそういたコンドームは早漏気味の男性にとっては致命的です。早漏気味の男性に求められているものはむしろ感度が鈍くなるためのグッズが必要なはずです。そういうわけでコンドームを使用するときは、ゴムの生地が分厚いコンドームを使用しましょう。

先頭へ戻る