早漏は遺伝子による?


早漏は遺伝子による?

オランダ・ユトレヒト大学のマーシャル・ウォールディンガー博士の発表によれば、セックスの際にあまりも早く絶頂に達してしまう男性は、ホルモンの一種であるセロトニンをコントロールする特定の遺伝子を持っていることが分かりました。

300人の成人男性に対して調査した結果、この遺伝子を持つ男性は持たない男性よりも2倍も早く射精していていることがわかったのです。

早漏の男性は、射精をコントロールする脳の神経部分でセロトニンの活動が活発ではないそうです。ウォールディンガー博士は、早漏の男性はこのために神経の信号が通常通りに伝わらなかったと指摘します。

「これはある考えを否定します。
それは、これまで早漏の主な原因が、
”心理的障害” だと言われていた事です。」

と博士は語りました。今回の調査の結果、早漏は遺伝子治療を行うことで直るかも知れません。
心理療法士のポーラ・ホール博士は、

「たしかに早漏は精神的なものではありません、
しかし、その要素となる場合もあります。」 

と言います。
博士によれば、早漏の男性は一般的に反射神経が良い傾向もあるそうです。

「早漏の男性は、非常に早い反射神経を持っています、
例えば彼らはテニスやコンピューターゲームが得意です。」

博士はこのホルモンが起こす行動を長くするための薬を開発中とのことですが、残念ながら今の所その薬はまだ市場に出てきていません。

早漏防止するには当サイトにある早漏防止薬を使うのが近道ですね。

先頭へ戻る