ホント?あのマキロンで早漏防止ができるという噂


ホント?あのマキロンで早漏防止ができるという噂

皆さんは、マキロンをご存知でしょうか?こんな質問をするまでもないぐらいの知名度がある消毒薬ですね。ほとんどの家庭にあったのではないかと思われます。そして、この記事を読んでくれているということは、マキロンが早漏に効くと聞いたことがある方ではないでしょうか。そこで今回は、マキロンが早漏に効果的という昔からある噂について書きたいと思います。

なぜ、早漏に効くと言われているのか

早漏にはさまざまな原因がありますが中でも、器質性の早漏ような刺激に弱くペニスが過敏になってしまう早漏に対しては、ペニスの感度を鈍らせることで早漏を防止することができると考えられています。誰が見つけたかわかりませんが、実は、マキロンには「塩酸ジブカイン」という局部麻酔薬が使用されているため、マキロンの液剤を亀頭に塗ると麻痺し挿入したときの刺激を和らげるため射精までの時間を遅らせることができるのです。
しかし、昔のマキロンの場合は...。

現在のマキロン

2006年、マキロンは成分の見直しを行い、より傷口に適した外傷消毒液へと進化したのです。その名前は「マキロンS」。マキロンSは、残念ながら先ほど紹介した局部麻酔薬の塩酸ジブカインは表記されていません。

マキロンSの成分

塩化ベンゼトニウム(100mg) キズの化膿を防ぐ殺菌消毒成分
アラントイン(200mg) 組織の修復を助ける成分
クロルフェニラミンマレイン酸塩(200mg) 炎症・かゆみを抑える成分

よって、マキロンで早漏を防止できるというのはウソではなかったですが、昔の話ということになりますね。そもそもマキロンで早漏を防止できたとしても元々は外傷消毒液として開発された薬なので副作用などのトラブルがないとは言えません。
局部麻酔薬が含まれているリドスプレーカーマスートラロングラストなど早漏防止を目的として開発された商品のほうが安心で安全です。
周りでマキロンを使っている友人・知人がいたら是非教えてあげてください!!

先頭へ戻る