【早漏対決】世界の早漏事情


早漏対決

自分が早漏なのかどうか自覚している人もいれば、気にしていない人もいるでしょう。自分が早漏かどうかハッキリ分からないという人もいるでしょう。そこで、今回は、世界に目を向け外国人たちの早漏事情は、どうなのか紹介したいと思います。
人にはなかなか聞けないデリケートなことなので是非、参考にしてみてください。

世界の早漏調査

オランダ、ホラント州の研究者たちの調査でトルコ人男性は、ほかの国の男性と比べてセックスの耐久時間が短い、つまり早漏傾向にあることが分かりました。この調査は5ヶ国、500人の男性に対して行われたもので、前戯の愛撫などの時間は含めず、挿入してから射精までの時間です。

第1位…トルコ(4分24秒)

第2位…スペイン人(4分54秒)

第3位…オランダ(6分30秒)

第4位…アメリカ人(8分00秒)

第5位…イギリス人(10分00秒)

なお、調査に協力したユトレヒト大学では最短で6秒という結果の男性もいました。残念ながらこの男性の国籍は分からなかったみたいですが、なんと最長は52分間頑張った人もいたそうです。

日本が入ってないのが残念ですが、一番早漏だったのはトルコです。一番遅漏は、イギリスです。私も早漏男子として調査と比べたのですが皆さん、全体的に長いですよね。そう考えるとAV男優は素晴らしいですね(笑)もし、この調査に日本人が入ったら何位ぐらいでしょうかね。細かいルール設定は不明ですがこういった調査は、どんどん行って欲しいものです!!

先頭へ戻る