早漏の原因が包茎って本当・・・?


早漏の原因が包茎って本当・・・?

男性の性の悩みとしてあげられるのが、勃起不全(ED)、早漏、遅漏、包茎、短小、中折れなど色々ありますが、今回は早漏と包茎の関係についてのお話です。

日本人の男性は7割が包茎だとも言われています。包茎は、男性の自信をなくすばかりでなく、ひどい場合は身体に悪影響を与える事もあります。包茎はマスターベーションのやり過ぎや正しくないマスターベーションによっても引き起こることもあります。

包茎の種類

包茎の種類としてペニスが部分的に包皮で覆われているのは「仮性包茎」で、日本人の包茎の7割が仮性包茎といわれています。普段は皮を被っていますが、勃起すれば簡単に亀頭が露出します。

勃起時、通常時共にペニスが包皮に覆われているのが「真性包茎」といい、自力では向けない状態なので、早急に手術が必要です。放っておくとペニスに悪影響を与え、ペニスが腐ってしまうこともあります。

包皮口が狭けど、一応剥くことが出来る状態。しかし、剥いた状態から元に戻らない包茎を「カントン包茎」といいます。これも早急な手術が必要です。

包茎は早漏になりやすいの?

では、実際に包茎の男性は早漏になりやすいのかというと、医学的な見地によると答えはNOです。一概には言えない部分もありまが、直接の原因にはなりません。

包茎の男性が早漏といわれるようになったのは、普段、亀頭が包皮に覆われているため、刺激に慣れていないと理由からこういった考え方が出てきました。

最近の研究では、早漏は経験や精神的な部分が関係していると言われています。早漏の男性はセックスに対して自信がなかったり、過去のトラウマなどで起こるケースが多くあります。まずは、経験を重ねることで自信をつけることから始めましょう。

早漏と勃起不全に困っている男性にお薦めのジェネリック薬品スーパーゼビトラ

先頭へ戻る